「おらやとくしろや」わらべうた

【歌詞】

おらやとくしろや ざいごのひとで 

やたてこしにさし みやこをのぼる

そこでおみよは どんどとなくよ 

おみよどうしてなく せんまのかわよ

そのこ うまれて おんなのこだら 

こもてこるんで ななどにたばね

かわにながそか せんまのかわよ

そのこうまれて おとこのこだら 

てらにさしあげ がくもんさせて

ふではまきふで しろかべすずり しろかべすずり

 

【意味】

ざいご→田舎

やたて→筆記用具の一種。すずりと筆を一つの容器に収めたもの。

どんど→水が勢いよく流れる音や、そのさまを表す言葉

おんなのこだら→女の子だったら

こも→水辺に生えるイネ科の多年草マコモの古名で、

   それを粗く編んでつくったむしろをいう。

まきふで→現在作られている筆のほとんどは「水筆(すいひつ)」と呼ばれ、

        穂首の根本を固めて軸に固定したものです。

        でも、江戸時代に主流だったのは「巻筆(まきふで)」。

        巻筆は「有芯筆」とも呼ばれ、芯になる毛を和紙で巻き、

        さらに上毛を掛ける方法です。

すずり→墨を水で磨り卸すために使う、石、瓦等で作った文房具。

ななどこ→(七所)方々

 

【楽譜】

 

ゆうまあまの解釈で、イラストをつけてみました。

なんか、深い意味がありそうなわらべうたって、多いですよね。

わかる範囲で調べたことを下に記しておきます。

 

ざいごもん→ 【新潟方言】田舎の人。在郷者(ざいごうもの 

『郷(さと)在(ある)者』帰るところがある人)の転。

「ぜーごもん」とも発音する。

 

精選版 日本国語大辞典「矢立」の解説

① 矢を立て入れる道具。 胡簶(やなぐい)などをいう。

② 「やたて(矢立)の硯」の略。

③ 近世、腰にさして携行した筆記具。

 

どんど→ 大声で呼びたてる声、どなりたてる声を表わす語。

 

動画はこちらです。↓

 

www.youtube.com